> >

Octodon その他 日本のみ

登録者数:1781人

トゥート数:51051

現在の接続数:1568

oc.todon.fr est une instance Mastodon francophone et avec une modération active.

管理者情報

@val

CS PhD student. Python/Rust/Debian enthusiast.@_ZN3val on Twitter and @progval on GitHub.GPG: 0E082B40E4376B1E.Admin of oc.todon.fr: @admin

@Pilot

Pourquoi des comptes GAFAM envahissent Mastodon ?

Seven @Seven

"Macron augmente le salaire des français!"Alors, l'augmentation ne sera que très minime et surtout, SURTOUT, ce sera au détriment de la médecine et de la prise en charge par la Sécurité sociale...Merci Macron de permettre aux riches de se soigner et aux autres d'aller se faire brosser!https://oc.todon.fr/media/fgzURazlxbG8aeNkkDk

τнαεğα ♥ @ šκybℓøğ.cøм @thaega

https://oc.todon.fr/media/Ie4liFGIQat49dhTSvc bonjour aujourd'hui j'avais envie d'écouter de la musique

ZikZak @ZikZak

Préparez les mouchoirs !http://www.lovemeow.com/dog-mourning-her-pups-until-two-orphaned-kittens-showed-up-needing-a-mom-2526148436.html

τнαεğα ♥ @ šκybℓøğ.cøм @thaega

Est-ce que vous savez si il y a un framework libre qui existe pour faire des applications pour apprendre des langues ? (type Duolingo)

K-tarou@天使同盟 @artfront_ky

⑥実はこうした限界は差別の根拠を「人間の内面」に求める誤りにも直結し、はては差別宿命論に行き着いてしまいます。これにはいろいろな潮流がみられますが、日共に端的な観念的階級一元論や、一見対極に見えるフーコー流の「内なる差別」の実体化も結局似たようなものです。この延長に、左派の一部(いや、むしろ多数派なのですが)にみられるような「差別の原因は差別されるものの存在」といった論理に帰結します。「お勉強によって差別はなくなる」という人々も大同小異ですね。 こういう立場に立つと、差別は「永遠の歴史」を持っている事になってしまい、歴史を完全に逆転させて、「弱肉強食の人類社会の中で理性により人権思想を発達させ一歩一歩差別を解消してきた」などという進歩主義、単線的発達史観に立ち、結果的に現実の差別を免罪していく事になります。根本的な人間観がホッブズと変わらないのです。もちろん、こうしたデマは歴史学や文化人類学の進展によって否定されつつあるのですが。(sさんとのDMでのやり取りから引用)

K-tarou@天使同盟 @artfront_ky

④ジョンロック認識論の「タブララサ」を想像すればわかりやすいと思います。人間の本質は「理性」なのですね。「知的障害者」はかつて日本語で「精神薄弱者」と呼ばれ、おおむね精神病院での「治療」対象でした。今は少し変わっていますが。⑤ブルジョア市民社会の論理に規定された特殊な価値意識、したがって歴史貫通的な概念ではありえない「精神」「知識」なるものに依拠してしまうと、例え「反権力・反差別」を語っても大きな間違いが生じます。いわゆる「反知性主義批判」の言説、「安倍は漢字も書けない」「ネトウヨは知能が低い」といった差別発言がそれに当たります。結局、知識をひけらかしながら他人を支配する事を喜びとする連中です。こんな人間が一番嫌いです。

K-tarou@天使同盟 @artfront_ky

③「知識」とは何か。言うまでもなく、それは初めから社会的協働であり歴史的所産であって、「個人」の内面(精神=理性)に所属するものでありません。ですが、すべてを「量的差異」=「人間の価値」に還元する近代的な価値意識のもとで、「知識の量=知的能力」なるものがあたかも個人に内在するかのような錯視が起こる事を前提に、その「知的能力」によって必然的に「無能者」として隔離され、なおかつそれが再び「質的差異」に転化し「異質な存在」として差別される事態が起きます。本質的に言えば、現在「知的能力の差」と呼ばれているものは、社会的協働としての〈知識〉=情報を集積し運用する個体間の能力的差異に過ぎず、例えば教育の機会や脳の疾患・障害等によって生じた相対的ばらつきに他なりません。社会的共同(協働)を本質とする人類にとって本来大した意味はないのです(もちろん、この場合の「障害」概念についてもいったん認識主体の側を疑ってみるべきです)。 「差別」規定はおいても「近代以前に差別はなかった」とまでは言いませんが、歴史を紐解くと現代人の思い込みと現実は随分違います。「障害者は神だった」というのは大体世界共通です。

K-tarou@天使同盟 @artfront_ky

「精神病者」「知的障害者」とはなにか①まず、大前提として「精神病者」「知的障害者」は社会的に(より厳密にいうと間主観的に)規定されるもので、一般化できるような「本質」はもともと存在しません。本来多様な〈個性〉に過ぎなかったものの間に、近代以降に発生したとある理由(これを説明すると長くなるので省略)により数値化された量的差異が持ち込まれ、それによって「標準・正常」な集団から競争関係の中で「分離」されることによって初めて成立しうる観念です。②近代に生きる僕たちは、デカルト的心身二元論を暗黙の前提に「人間は肉体と精神で構成されている」かのような存在観を持ってしまってますが、むろんこれは誤りです。すべては関係性の所産であり、「精神」とはそれ自体が抽象であって、関係的・構造的な社会関係の物象化に過ぎない便宜的な観念と考えるべきと思います。

LeTomPouet @LeTom

Où tu subodores que LeFix craque pour les beaux yeux des Chroniques lémuriennes… http://lefix.di6dent.fr/archives/4155